第2回 「介護が必要になった主な原因について知っていますか。」

介護が必要になった主な原因について知っていますか。
介護が必要になった主な原因について知っていますか。

現在の要介護度別にみた介護が必要となった主な原因(上位3位)を見ると表のような順位になります。
生活習慣の改善をはじめとする適切な予防医療を行うことにより、介護の主な原因となる病気を一定程度抑えて、健康寿命を延ばすことが可能であると考えられています。

現在の要介護度 第1位 第2位 第3位
要支援1 関節疾患 20.3% 高齢による衰弱 17.9% 骨折・転倒 13.5%
要支援2 関節疾患 17.5% 骨折・転倒 14.9% 高齢による衰弱 14.4%
要介護1 認知症 29.8% 脳血管疾患(脳卒中) 14.5% 高齢による衰弱 13.7%
要介護2 認知症 18.7% 脳血管疾患(脳卒中) 17.8% 骨折・転倒 13.5%
要介護3 認知症 27.0% 脳血管疾患(脳卒中) 24.1% 骨折・転倒 12.1%
要介護4 脳血管疾患(脳卒中) 23.6% 認知症 20.2% 骨折・転倒 15.1%
要介護5 脳血管疾患(脳卒中) 24.7% 認知症 24.0% 高齢による衰弱 8.9%

(2019年国民生活基礎調査)