理学療法士によるワンポイントアドバイスのタイトルロゴ
理学療法士によるワンポイントアドバイスの記事画像

動的ストレッチの効果:

運動前に行うことで筋温や心拍数、血流量を増加させながら柔軟性を高めていきます。怪我の予防や、筋肉痛をある程度予防する効果があると言われています。

静的ストレッチの方法:

伸ばしたい筋肉を反動をつけずに30~60秒かけてストレッチを行います。痛みを感じない範囲でゆっくりと呼吸を止めずに伸張することが大切です。

理学療法士によるワンポイントアドバイスの記事画像