理学療法士によるワンポイントアドバイスのタイトルロゴ

腰痛がある方の特徴として腹筋が弱いことが挙げられます。
腹筋が弱いと腰背部の筋力が過剰に働いてしまい、体幹の前面筋と後面筋のバランスが崩れることで腰痛の原因となることがあります。

腹筋を鍛えるには一般的にいわれる上体起こしでなくても大丈夫です。
上向きに寝たまま両膝を立て、おへそを見るように頭を起こすことで腹筋の収縮は得られます。